面目躍如(めんもくやくじょ/めんぼくやくじょ)


またまた私の知らない言葉が、出てきました。

頂いたメールの文中に「面目躍如です。」と。

 

 面目躍如 」

読み方もわからず、検索…

「めんもくやくじょ」らしい。

目が「ぼく」とも読むらしいので

「めんもくやくじょ」もしくは「めんぼくやくじょ」

 

● 面目躍如(めんもくやくじょ)

意味は、

世間の評価に値する活躍をしていて、生き生きとしているさま。
また、名声・世間体などがよりよくなるさま。

「面目」は世間に対する体面の意。
「躍如」は生き生きとして勢いのよいさま。

goo辞書より
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/idiom/%E9%9D%A2%E7%9B%AE%E8%BA%8D%E5%A6%82/m0u/

 

使い方としては、

「ベテラン俳優の面目躍如たる演技」
「彼の面目躍如たる態度」

 

面目躍如の同義語、言い換え言葉としては、
http://thesaurus.weblio.jp/content/%E9%9D%A2%E7%9B%AE%E8%BA%8D%E5%A6%82

本領発揮 ・ 真面目(しんめんもく)を発揮・(~の)真骨頂
大活躍 ・ 見事な活躍ぶり ・ 立派な働き(を見せる)・「いかにも(彼)らしいね」

 

 

ん~~~ 調べてはみたが、
自分が使うシチュエーションとしてはまだピンとこない…ワタシ。

相手に対して使う場合は、概ね誉め言葉ですよね?

自分に対して使う場合は… どういうこと?

先述のメールでは、
「資料を上司に渡すことができ、面目躍如です。」

とあったので、“ドヤ顔”的な使い方???(謎!)

 

他人に対しても誉め言葉ではなく、
皮肉な使い方もされているのも見つけました↓^^;

秋吉久美子“面目躍如”のわがまま連発 | 東スポWeb
面目躍如の類義語としては、

面目一新(めんもくいっしん)

世間の評判が一新して、それまでとは違う高い評価を得ること。
また、外見や内容が全く新しく変わること。

「面目」は世間に対する体面の意。
「一新」はすっかり新しくなること。

 

 

 

ほんと、まだまだ知らない言葉いっぱいあるなぁ~

面目躍如も面目一新も今まで使ったことないですが…

せっかくお勉強したので、ひとつ

 

家康の心をつかむ料理を作るよう  信長より命を受けたケンは、
椿の実から油を作り、鯛の天ぷら風ソテーを作り、家康をうならせた!
まさに 面目躍如な働きであった!!

 

こんなんで、どうでしょう~~~!(^^)

( 「何の話?」って? 信長のシェフの1シーンです。。。)