浮き足立つ(浮足立つ)


またひとつ 言葉のお勉強です。(^^)

8月28日(火)の朝のラジオ
FM横浜 大野智君の「嵐ディスカバリー」のコーナーのお話。

今日の一言 「浮き足立つ
これは、不安や恐れで落ち着きを失う。逃げ腰になること。

ラジオは、24時間テレビの前に収録されたものだったので
大野くんが、自分も浮き足立ってる…的な事を言ってたんですが
ここでも私は
ん???

「浮き足立つ」って、そーゆー使い方するの??ほんま?って・・・

 

目からうろこ でした。

 
私は、嬉しくてウキウキ 地に足着いていない状況のことを「浮き足立つ」と思ってまして

デート前でそわそわしている後輩に

「浮足立ってんじゃね~よ!ちゃんと仕事しろよ~!」みたいな使い方をしておりました。
“そわそわ落ち着きがなくなる”という部分では同じですが、
その原因が、全く真逆じゃないですかーーー!!(*_*)
調べてみると、
「浮き足立つ」は「不安や不利を感じ、落ち着きを失い、逃げ腰になる」ことで
「足が地につかない」は、「気持ちが高ぶって落ち着かない様子」という意味。
「浮き足立つ」と「足が地につかない」は別の意味の慣用句なんですって~!

 

知らんかった。

また間違った解釈をしておりました(^^ゞ 

 

 

 

いやはや。

またワタクシ、嵐さんのおかげで ひとつ賢くなりました。

嵐さん、ありがとう。

 
日本語って、難しいですね

日々是気付

日々勉強です!(^^)