年賀状が間に合わないなら寒中見舞いという手があります。


今年も残すところ、後3日

もうお正月の準備できましたか?

日本ならではの、お正月の行事 『年賀状』

メールが普及し始めた頃、10年ぐらい前かな??

手紙文化、年賀状もなくなると騒がれましたが…

いまだに年賀状文化・・・生きています。(^^)

その理由のひとつには、メールではない何かを感じているから…という方

たくさん居られるんじゃないでしょうか?

メールアドレスは、ころころ変える方、多いですが、住所はメールほどコロコロ変わりませんからね。

私もメールアドレス知らないけど、年賀状のやり取りだけ続いている学生時代からの友人が数人います。

年1回だけだけど、結婚したよ! 子供生まれたよ!なんていう近況が知れたりして

もう何年も会っていないけど、ずっと身近に感じれたりします。(^^)

 

 

年賀状印刷のご注文受け付け、12月30日17時まで  やっています↓
nenga2012_15

 

もう元旦に間に合わないから・・・寒中見舞いで出す!という方は、こちら↓kanchu

こちらの寒中見舞いサイトでは、「年賀はがき」「官製はがき(喪中寒中用/一般用)」のほか
切手を貼るタイプの「私製はがき(郵便枠赤/郵便枠グレー)」が選べます。

年賀状の代わりに「寒中見舞い」にする場合は、『年賀はがき』も選べていいですよね♪

ただし、年賀はがきを選べるのは、1月6日までなので、ご注意ください。

ちなみにマナー的なことをおさらいしておりますと
年賀状は、1月7日までに届くようにしましょう~!
そして、寒中見舞いは、1月8日以降に投函しましょうね~(^^)

平成25年用お年玉付き年賀はがき お年玉くじ抽選日は、平成25年1月20日(日)

抽選日以降に相手に届くのはよろしくないので、年賀はがきで寒中見舞いを出す場合は、

それまでに投函しましょうね!

官製はがきや私製はがきで差し出す場合は、2月3日ごろまでOKです!

 

あ!!寒中見舞いにも送料無料のキーワード 感謝感激雨嵐  有効ですので

ぜひ、ご利用くださいませ~♪  → 詳しくはこちら