年賀状の宛名の書き方に決まりはあるの?


年賀状の宛名を書くときまず、漢字や敬称を間違えないようにすることです。

これを間違えるとホントに失礼なのでちゃんと確認しましょう。

宛名を書くとき敬称は「様」と書きます。恩師や先生には「先生」、団体には「御中」と書きます。

相手の家族に宛てて名前を書く場合もそれぞれの名前の下に「様」を書きます。

代表者一人にだけ「様」をつけることがないように気をつけましょう。

もし、代表者以外の名前を書かない場合は代表者の名前に「様」付けし、左脇に「ご家族様の皆様」「ご一同様」とつけるのがいいでしょう。

次に住所ですが、都道府県名は省略しても届きますが、マナー的にはダメです。

マンション名の前では改行しましょう。

改行後一文字下げて始めるか、住所表記と下揃えにすると全体の見た目のバランスがとれます。

最後に注意するところは、目上の人に出す場合の年賀状は横書きはマナー違反とされています。

上司や取引先、またビジネス上のお付き合いのある方、しきたりを重視する方、年配の方などには縦書きに書くように注意しましょう。

また、表と裏の書き方を揃えるのもマナーの一つです。番地などの数字は縦書きの場合は漢数字、横書きの場合は算用数字を使いましょう。

                                                                

                                                          

相手の名前を書くので、失礼がないように名前を間違えないようにして、できるだけ文字の配置のバランスはきれいになるように書けたらいいなと思う。