喪中はがきの日付けの書き方


喪中はがきの日付けの書き方についてご紹介します。

喪中はがきには、故人の亡くなった日付けや差出月など
記入しますが、タテ書きの文章で漢数字を書くことに慣れていないと

あれ?どれが正解? と戸惑うと思います。

一 二 三 四 五 六 七 八 九 十 
月 月 月 月 月 月 月 月 月 月 

これは、わかりますよね?

では、11月と12月

一 一
一 二
月 月

では、なく

十 十
一 二
月 月

これが正解!

年齢も 88歳(八十八歳)などのように“十”をいれます。

一方、住所や電話番号の場合は、単純に数字のみを漢字にします。

1丁目15番27号 の場合









号  とするのが一般的

しかし、










号  とする人もいます。

マンション部屋番号601号 は 




号   とします。(六百一号 とはしません)

作成例

喪中はがき印刷の専門サイト
<<今なら宛名印刷が無料>>
喪中はがき