タグ別アーカイブ: 映画

図書館戦争


ちょっと今日は、息抜きの回です^^;

映画『 プラチナデータ 』観てきました!!

ニノの舞台挨拶付きのも、応募はしてたんですけど・・・、ハズレ
普通に 純粋に(笑) 映画、楽しんできました。

すごくいい・・・ よかったのですが・・・

ちょっと残念。。。。

いや、あの、映画が残念なのではなく、
なんていうか、前情報を知ってしまった自分が残念でした。
もっと、まっさらな気持ちで観たかったな。(^_^.)

ちょっと前に 生田斗真くん主演の映画『脳男』を観たんですけど
こちらは、斗真の体がすごいらしい・・・ぐらいの前情報しかなく(笑)
ストーリーとか全く知らなかったので、映画館でドキドキハラハラしながら
最後まで先が読めない楽しさがありました。

でもね、嵐さんはね、雑誌もテレビも、全部チェックしちゃうのでね
原作は、読んでないんだけど、にの扮する神楽龍平が2重人格であることや
身に覚えのない容疑をかけられて逃げまわるとか、
神楽の立ち居地が、豊川悦司演じる浅間刑事の必ず 「右側」である・・・とか
知ってしまってたので、なんか純粋に観れない部分があった^^;

知る前に1回観て、知ってから、もう1回観たかったなぁ~

あと1枚前売り券残ってるんで、ちょっと頭リセットして
もう1回観に行きたいと思いま~す(^^)

   
  

そして、映画館に行くと、時期作の映画宣伝がありますが、
プラチナデータの時に気になったのは、
関ジャニ∞の錦戸亮くんと堀北真希ちゃん出演映画『県庁おもてなし課』と
V6の岡田准一くんと 図書館戦争ちゃん出演映画『 図書館戦争 』

どちらもジャニーズですけど・・・ポイントはそこではなく
どちらも、有川浩さんが原作!!ということ。

にののやった連ドラ「フリーター家を買う」(2010年10月~)も有川浩さん原作です。

私が、初めて有川浩さんを知ったのは、2007年か2008年頃。
本好きの娘に、図書館戦争シリーズの本を買ってとせがまれたから(^^)
図書館で、戦争???? 図書隊?? なにそれ?って
娘の説明では、全然理解できなかったんですが、
娘が、本を買いあさるほどハマっていたので、相当おもしろいのね、と。 
tosyokansennsou

その頃、ちょうど仕事で、webマガジンのサイトをやっていて
そこのコラムに有川浩さんにご登場いただくことになり・・・、
「え~~~!!うちの娘、めっちゃファンなんですよ~!」って話をしていたら
取材担当者の方が、娘あてになんと直筆サインをいただいてくれました!!

有川浩さんサイン

当時、ブレイク前だったので、
会社のスタッフで、有川さんを知ってる人は少なく、
私だけサイン貰えちゃった!!のですが、
今なら、も~大変なことになりますよね。。。。
てか、うちの会社のコラムなんかに登場していただけないよね・・・(^^ゞ

映画『図書館戦争』は、2013年4月27日公開!!

前売り券を買うと、特典として
原作ファンも萌えキュン間違いなしのスペシャルカットを入れたポストカード4枚セット
(原作・有川浩さんの直筆コメントカード付)(前売券1枚につき1セット)が貰えるらしいので
娘の分も、前売り券急いで買いに行かなくちゃ~~~!!!

ytvからの招待状!?


お盆前、8月6日(月)ごろだったかな~

ポストを除くと 1通の封書が・・・・

差出人は、ytv 読売テレビ株式会社営業局!

 

 

ま  さ  か  ・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

24時間テレビの番組観覧が当ったんじゃないかと

発狂のごとく、大騒ぎで帰宅し、開封。

 

 

 

 

るろうに剣心  試写会の招待券

 

 

あ・・・・ 

 

そういえば、申し込んでた!???     ← 記憶薄

 

 

 

なんにせよ、当るなんて縁起のいい話なのに

なぜか、素直に喜べない私・・・  

スイマセンm(__)m

 

 

 

8月10日(金) 

お盆休み前だというのに定時にお仕事を切り上げ  (←スイマセン)

 

息子と待ちあせて、久々の映画鑑賞♪

 

原作ファンの息子的には、納得できないキャスティングもあったようですが

佐藤健くんの剣心は許す・・・だそうです。^^;   ←  なんで上から目線!!

 

 

原作ストーリーの記憶が、いい感じで薄れている私的には、

めっちゃよかったよ~!!(*^_^*)

佐藤健くんの剣心は、いいわぁ~♪ かっこいい♪

左之助とか弥彦とか、原作っぽい!ぽい!

原作の 武田観柳がどんなだったか、がイマイチ覚えてなかったんだけど

もう めっちゃいやなヤツで・・・^^;

香川照之さんの演技がうまくて、最高やね。

 

 

 

弥彦役の男の子は、13歳のハローワークにでてた子です。

名前がわからんのですが・・・

密かに応援してますのでがんばってね!

 

 

 

24時間テレビは、来週ですが・・・

当選の案内状が、これから届くかもしれない!!

と、

いまだ諦めきれず、待っております・・・(^^ゞ

 

 

文字だって分身になれるんだ!


小説や漫画など、原作ありきの映画やドラマを見る場合

先に原作を読んじゃうタイプですか?

読まないタイプですか?

 

 

私は、読みません・・・

 

なぜなら、昔、映画の前に「ハリーポッターと賢者の石」を読んで

どんな風に映像化されるのか・・・と、わくわくしながら映画館へ。

すっごい面白い迫力ある楽しい映画 だったのは間違いないのですが・・・

約2時間という制限の中、映像化されるわけですから

当然、本の中のすべてのシーンが映像化されるわけではなく

カットされるシーンもあるわけです。。。

それが非常に残念で・・・

本をまだ読んでいなかった娘が、超感動している横で、

ワタクシ、なんだかすごく損した気分でした。。。。

 

先に本を読んでても、期間が開いてて、そんなに詳細をおぼえていないぐらいならよかったんですけどね。。。

 

ハリーポッターに限らず、ONE PEACE もそうですが、

本しか読んでいないときは、自分の頭の中に登場人物の顔や声が、それぞれあって

初めて映像化されたのを見ると、え?こんな顔? こんな声??? 

と違和感を感じる事があるのに

慣れてくると(?)違和感を感じなくなるどころか、

本の続きを読むと、映像として見ていないシーンもその声、顔が浮かんでしまいます。

 

 

で、実際に映像で見るときには、これ見たことあるぞ!? デジャブか!?

という錯覚まで感じるときがあります。

不思議ですね。。。

 

 それだけ、強烈にキャラクターのイメージ付けがされちゃうという事なのでしょうか。

 

メールマガジンやブログでも、発行者を知っていると

字を読んでるだけなのに、その人がしゃべっているような

その人の声で、聞こえてくるような気がする時、ありませんか?

 

それって、すごいと思いません??

手書きの文字ではなく、ただの文字・・・ 活字? フォント?

なのにキャラクターが乗り移っちゃってるわけです。

 

そうなるともはや文章も分身ですよね。

そんな手紙 そんな挨拶状が作れるといいなぁ。

 

この夏は、自分の分身のような暑中見舞いはがきを作ろう!と思います。(^^)