タグ別アーカイブ: 言葉

長い と 永い の使い分け


表記テーマの第7弾!
今回は、「長い」 と 「永い」の使い分けについて勉強します!

 

まずは、それぞれの意味を見てみましょう。
◆「長い」 と 「永い」

「長い」…はしからはしまでの隔たりが大きい。ある時点までの間隔が大きい。のんびりしている。

(例)長い年月/秋の夜長/長続き/気が長い/長い目で見る
「永い」…永遠、常しえ の意味合いが強い場合に用いる。

(例)永い眠りにつく/永くその名が残る/末永くお幸せに/永年勤続(←これだけ特別)

 

これらは、漢字のイメージ通りなので、わりと簡単ですね。
『永い』を使う場合は、特に“永遠”を意味する場合に使い、
それ以外は、基本的に、『長い』を用いれば問題なさそうです。
ただし、「永年勤続(えいねんきんぞく)」だけは特別で、
同じ会社・職場に長い年月続けて勤務すること意味しますが、

『永』としますので、ご注意を。

 

 



浮き足立つ(浮足立つ)


またひとつ 言葉のお勉強です。(^^)

8月28日(火)の朝のラジオ
FM横浜 大野智君の「嵐ディスカバリー」のコーナーのお話。

今日の一言 「浮き足立つ
これは、不安や恐れで落ち着きを失う。逃げ腰になること。

ラジオは、24時間テレビの前に収録されたものだったので
大野くんが、自分も浮き足立ってる…的な事を言ってたんですが
ここでも私は
ん???

「浮き足立つ」って、そーゆー使い方するの??ほんま?って・・・

 

目からうろこ でした。

 
私は、嬉しくてウキウキ 地に足着いていない状況のことを「浮き足立つ」と思ってまして

デート前でそわそわしている後輩に

「浮足立ってんじゃね~よ!ちゃんと仕事しろよ~!」みたいな使い方をしておりました。
“そわそわ落ち着きがなくなる”という部分では同じですが、
その原因が、全く真逆じゃないですかーーー!!(*_*)
調べてみると、
「浮き足立つ」は「不安や不利を感じ、落ち着きを失い、逃げ腰になる」ことで
「足が地につかない」は、「気持ちが高ぶって落ち着かない様子」という意味。
「浮き足立つ」と「足が地につかない」は別の意味の慣用句なんですって~!

 

知らんかった。

また間違った解釈をしておりました(^^ゞ 

 

 

 

いやはや。

またワタクシ、嵐さんのおかげで ひとつ賢くなりました。

嵐さん、ありがとう。

 
日本語って、難しいですね

日々是気付

日々勉強です!(^^)



くしくも(奇しくも)


先日(8月25日26日)の24時間テレビご覧になりましたか?

私は、深夜のしゃべくり007頃だけ、ちょろっと寝ましたが、 ほぼ24時間 見てました。(^^)

阪神大震災で助けられた男の子が自衛官になって

東日本大震災の救援部隊になったという冒頭の部分から、既に感動で涙 (;_:)

もう24時間の間に何度泣いたことでしょう・・・。

 

泣いただけじゃなく

ダーツの旅は、どれも面白くて大笑いしたし

智くんのムーンウォークは、鳥肌もんやったし

潤君が指揮した吹奏楽部の演奏に超感動したし

嵐ライブは、素敵やったし・・・ ほんま素敵な素敵な24時間テレビをありがとう。

 

さて、話は変わりますが、

よく聞く 『くしくも』 という言葉。
なんとなく“悔しい”とか“おしい(惜しい)”とか
残念な事につかうイメージがあったんです。ワタシ。

でも、24時間テレビのメインパーソナリティーに嵐さんが選ばれ、

その記者会見で、櫻井翔君が、

くしくもオリンピックイヤーの今年にやらせてもらえるなんて…」的なことを言ってたのを見て

ん???

 「くしくも」の使い方、あってる??? と思って気になっていたんです。

 
しかし、調べてみると

くしくも」⇒漢字で書くと 「奇しくも

意味は、  偶然にも  不思議にも

 

ハイ! 翔君、正解です!!

私が間違っておりました。スイマセン。

大変失礼いたしました。
今後は、「奇しくも」 正しくを使って行こうと思います!!!(^^)

 

日本語って、難しいですね

日々是気付

日々勉強です!(^^)

 



コトバがすごいのは、コストがゼロ!


看板、チラシ、DM、はがき、案内状、招待状、挨拶状
ニュースレター、ホームページなどなど

お店や会社が、発信する媒体って、すごくありますよね。

こういうの出してりゃいいってもんじゃないですよね。

お金もかかるし・・・・
反応が無い、売上につながらないからって、止めちゃいます??
本気でやらないなら、資源の無駄使いしないためにも
止めちゃうの得策かもしれません。

でも、一所懸命お客様の立場に立って、一所懸命考えて
出てきた言葉は、お客様に伝わるのだと思います。
マーケティングの先生は、たくさん居られますが

私が、何度講演聞いても感動してしまう先生は、
儲けを生み出す「発想」の仕組み の

     【エクスマ】の藤村正宏さんです。
色んな事例をお話されますが、いつも1本筋が通っていて

非常にわかりやすいです。
あなたの会社(お店)のいい所を

「お客さんに伝えていますか?」

言いたいことが、「伝わってますか?」と。

チラシは、「ラブレター」だとおっしゃってました。
見てくれの美しさ(デザインやフルカラー)なんか

2の次、3の次、どうでもいいと・・・

大事なのは、伝えたいことが、ストレートに表現されているか?

伝わっているか? ということ。

先日ブログで、ガソリンスタンドさんのお話がありました。

とても面白かったです。
http://ameblo.jp/ex-ma11091520sukotto/entry-10925608061.html
暑中見舞いのハガキでも そうですよ。

じっくり真剣に文章を考えましょうね!

暑中見舞いも自分の言葉で文章を作りましょう
 
会社やお店の暑中見舞い作成例

会社やお店にオススメの暑中見舞いデザイン