タグ別アーカイブ: 意味

「参る」と「まいる」の使い方


フォーマルな挨拶状の場合、ひらがなだどバカっぽくなるからでしょうか

漢字を多様される事が多いです。

まぁ、そこまで気にして読んでいる人がどれぐらいいるのか?っていうと

そんなに居ないのかも知れませんけど・・・

でも、やっぱ、わかる人にはわかる!見ている人は見ておりますから

正しく使いこなした方が、よいですよね♪ (^^)

 
◆「参る」と「まいる」

「参る」 ・・・ 行くの謙譲語、負ける、降参する、よわる、こまる、異性などに心を奪われるの意味

(例)お礼参り、お墓参り、寝不足で体が参る、彼は彼女に参っている

 

「まいる」・・・ 補助動詞と使われる

(例)見てまいります

 

 

わたくし、アラフェス当選祈願に櫻井神社と二宮神社へお参りしましたところ、    ⇒ “参り”

みごと当選し、国立競技場に行かせていただきました。

もう~ キラキラ5人に参りました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆              ⇒ “参り”

せっかくの東京遠征だからとアラフェス(コンサート)だけでなく、ロケ地めぐりなどなど

精力的に4日間歩き回ったので、かなり体は参りましたが・・・ とっても幸せでした。    ⇒ “参り”

後日、櫻井神社と二宮神社へお礼参りに伺いたいと思います。           ⇒ “参り”

そして、これからも一生 嵐 を応援して まいります! (*^_^*)          ⇒  “まいり”

 

 

さぁ Popcornコンサートの発表もあったしね~

また必勝祈願に行かなくちゃ~~(^^)v


浮き足立つ(浮足立つ)


またひとつ 言葉のお勉強です。(^^)

8月28日(火)の朝のラジオ
FM横浜 大野智君の「嵐ディスカバリー」のコーナーのお話。

今日の一言 「浮き足立つ
これは、不安や恐れで落ち着きを失う。逃げ腰になること。

ラジオは、24時間テレビの前に収録されたものだったので
大野くんが、自分も浮き足立ってる…的な事を言ってたんですが
ここでも私は
ん???

「浮き足立つ」って、そーゆー使い方するの??ほんま?って・・・

 

目からうろこ でした。

 
私は、嬉しくてウキウキ 地に足着いていない状況のことを「浮き足立つ」と思ってまして

デート前でそわそわしている後輩に

「浮足立ってんじゃね~よ!ちゃんと仕事しろよ~!」みたいな使い方をしておりました。
“そわそわ落ち着きがなくなる”という部分では同じですが、
その原因が、全く真逆じゃないですかーーー!!(*_*)
調べてみると、
「浮き足立つ」は「不安や不利を感じ、落ち着きを失い、逃げ腰になる」ことで
「足が地につかない」は、「気持ちが高ぶって落ち着かない様子」という意味。
「浮き足立つ」と「足が地につかない」は別の意味の慣用句なんですって~!

 

知らんかった。

また間違った解釈をしておりました(^^ゞ 

 

 

 

いやはや。

またワタクシ、嵐さんのおかげで ひとつ賢くなりました。

嵐さん、ありがとう。

 
日本語って、難しいですね

日々是気付

日々勉強です!(^^)



くしくも(奇しくも)


先日(8月25日26日)の24時間テレビご覧になりましたか?

私は、深夜のしゃべくり007頃だけ、ちょろっと寝ましたが、 ほぼ24時間 見てました。(^^)

阪神大震災で助けられた男の子が自衛官になって

東日本大震災の救援部隊になったという冒頭の部分から、既に感動で涙 (;_:)

もう24時間の間に何度泣いたことでしょう・・・。

 

泣いただけじゃなく

ダーツの旅は、どれも面白くて大笑いしたし

智くんのムーンウォークは、鳥肌もんやったし

潤君が指揮した吹奏楽部の演奏に超感動したし

嵐ライブは、素敵やったし・・・ ほんま素敵な素敵な24時間テレビをありがとう。

 

さて、話は変わりますが、

よく聞く 『くしくも』 という言葉。
なんとなく“悔しい”とか“おしい(惜しい)”とか
残念な事につかうイメージがあったんです。ワタシ。

でも、24時間テレビのメインパーソナリティーに嵐さんが選ばれ、

その記者会見で、櫻井翔君が、

くしくもオリンピックイヤーの今年にやらせてもらえるなんて…」的なことを言ってたのを見て

ん???

 「くしくも」の使い方、あってる??? と思って気になっていたんです。

 
しかし、調べてみると

くしくも」⇒漢字で書くと 「奇しくも

意味は、  偶然にも  不思議にも

 

ハイ! 翔君、正解です!!

私が間違っておりました。スイマセン。

大変失礼いたしました。
今後は、「奇しくも」 正しくを使って行こうと思います!!!(^^)

 

日本語って、難しいですね

日々是気付

日々勉強です!(^^)

 



FaceDown


嵐のニューシングル「FaceDown」のPVが

本日、めざましテレビで流れました~~!!!(^O^)
http://www.fujitv.co.jp/meza/index.html

大野智くん主演のフジテレビの月9ドラマ
「鍵のかかった部屋」の主題歌ですから
フジで独占先行なのかな?

松本潤くん主演のラッキーセブンの主題歌
「ワイルドアットハート」の時も
フジで独占先行してPVながしてくれてましたね~♪

普段、朝はテレビをつけない(見る暇がない)人ですが、
こういう日は、なぜか、目覚ましがなる前に起きれてしまう…(^^ゞ

明日PVが流れるぞ!という最新情報を
ワタクシがどうやって入手しているかといいますと
ツイともさんからのご案内!!(*^_^*)

あの雑誌にでるよ~!とか

あのCMに出るよ~!とか

ほんと、みんな情報が早いっ!!

新曲がでるぞ~というのも公式の発表より

ずっと先にツイッターで回ってきましたからね。

いっちばん最初の情報元は、
誰なんだろ~? といつも思いますよね。

ちなみに

FaceDown とは、
(Yahoo辞書)http://dic.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=FaceDown
うつぶせに,顔を下向きにして;(物の表面・上面を)伏せて,下向きにして
He was lying facedown on the floor.|床にうつぶせに横たわっていた

Face 顔 を dawn 下げる ・・・・⇒ うつぶせ なのね。

なんでもWeb検索できちゃう便利な世の中ですけど

そもそも“情報元”が、間違ってて、
そのまま広まっちゃう事もしばしばありますのでご注意を…

案内状の文章を作ろうと
あれこれWeb検索していると
結構まちがった文章を堂々とお店の“サンプル文”と
されているところがあります。

個人のブログや、はてな?とかなら
間違ってるかも?と疑って見る方も多いかもしれませんが
大手の会社や、ちゃんとしてそうなお店なら信用しちゃいますよね。

しかし、PCの世界は、簡単にコピペができちゃうので
最初にホームページを作った人が間違えてると
それを真似て作る人(会社)も間違え、
さらにそれを真似た人(会社)が間違え…と、
どんどん間違いが広がり、いつしか、間違えばかり…なんてことに。

先日取り上げた「ください」と「下さい」も
ネットで検索すると間違えたまま使われている方が、
多いぐらいなんですよ。(ーー;)

なので、「FaceDown」も、ほんとは違う意味かもしれませんので

あしからず・・・

下さい と ください


ひさびさの更新です。
気付けば、2011年が終わり、2012年も、もう2ヶ月が過ぎてしまいしました。
今年もぼちぼち・・・更新いきたいなっ と思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

さて、今回のテーマは、「下さい」と「ください」

パソコンで仕事、文章を書くようになって、20年以上経ちますが
勝手にパソコンが変換してくれるから、送り仮名とか漢字とか、すっかりパソコン頼りです。

もともと理系人間ですし ( ← 言い訳?? )
英語、国語、社会は、苦手・・・^^;

上記文章の  “20年以上経ちますが・・” の「たつ」だと
自動変換で、経つ 立つ 建つ 絶つ 発つ 断つ 裁つ ・・・etc
いっぱい出てきますから、一応、どの漢字が正しいのだ?? と考えて選びますよね。

でも、 “ご了承下さい” なんかは、するっと変換されるので、特に意識しておりませんでした。

しかし、長文を見返したときに「下さい」と「ください」が混在してしまって、
見た目的にどっちかに合わせて方がいいんじゃないか?となり
そもそもどっちが正しんじゃい!? と調べてみたのです。

そしたら「下さい」は、物など、何かをいただく場合に使い、
何かをお願いする場合など、、補助動詞として使う場合は、「ください」のひらがなを使うそうな。。。。

  ※情報源は、ビジネス文書検定の教科書です※

そこで、ビジネス文書や案内状、挨拶状、招待状などで
出てくる言葉を思い浮かべてみた。

ご覧ください
ご了承ください
お尋ねください
お越しください
ご検討ください
ご出席ください
お知らせください

一方、漢字で使うのは、物を貰う時だから・・・

「お水を下さい」

とかですよね。

でもこれも

「お水を取ってください」

に“取る”という動詞を使うと「ください」は補助動詞ですから
ひらがながになるのね。^^;

と、考えると、ほぼ「ください」ですね!

と言うわけで、今後迷ったら、

ひらがな「ください」を使っていきましょう~!(*^_^*)